LIXIL エクステリアコンテスト2019

2018年コンテスト受賞作品

2018年度の全国審査は、エクステリア関連に造詣の深い専門家の方々により行われました。
審査員皆様のそれぞれの専門分野から活発なご討議・審査をして頂きました。

写真
エクステリア&ガーデンアカデミー
東京校校長 古橋 宜昌

有限会社エクスプランニング代表取締役
エクステリア&ガーデンアカデミー東京校校長
一般社団法人日本エクステリア設計協会会長
エクステリアの設計事務所を主宰し日々設計やコンサルティング業務に携わる傍ら、LIXILの商品開発やコンテストの審査員、プロ向けセミナーや専門校の講師も務める。又、若いエクステリア設計者の地位向上と図面盗用問題の撲滅など、設計者が働きやすい環境作りの為の団体「日本エクステリア設計協会」を立ち上げ様々な活動を展開している。
一級建築士/一級造園施工管理技士/一級土木施工管理技士

 近年のエクステリアデザインの特徴としては建築やインテリアとの融合があげられると思います。本来、家と庭を分けて考えることは不自然であり、人が暮らす快適空間として考えるのであれば家もエクステリアもインテリアも一緒に考えることは当然のことです。門まわりのデザイン然り、ガーデンのデザイン然り床と壁、そしてルーフを巧みに組み合わせ、更に植物や石などの自然素材、効果的な照明の提案がエクステリアデザインの重要な要素となってきています。
 また一方で大型物件だけではなく狭小地物件も多くなってきており、様々な工夫で実際よりも広く魅せたり、奥行きを感じさせる様な作品も数多くエントリーされるようになりました。今回の審査においてはこの点も重視し、設計の難易度、建築地の諸条件に対する新たな試みも見逃さないよう審査致しました。この作品集を有効にご活用頂ければ幸いです。

写真
エクステリア&ガーデンアカデミー
竪川 雅城

竪川環境設計代表
一般社団法人日本エクステリア設計協会理事
千葉大学園芸学部造園学科卒
戸建集合住宅のエクステリア設計を主に公園、商業施設等外部空間の設計業務及び企業向けセミナーの講師などを務める

 今回審査にあたり各部門数多くの作品を拝見させていただく中で、最も強く感じたことが、建物とエクステリアの一体的デザインであります。ファサード部においては、プラスGによりエントランスに空間が生まれることで、建物との間に素材、色や形状というような物と物の繋がりだけでなく、空間と空間が繋がり、一体感を感じることができました。特に自然浴部門においては単純にテラスを造る、ガーデンルームを創るということではなく、リビング等建物の主要居室との一体的利用を意識した空間づくりが印象的でありました。みなさまの作品により居室と外部空間を繋ぐ半戸外空間(一体化空間)は、今後のエクステリアの領域を拡げる重要な場所であると再認識させていただきました。
 全部門、全作品のみなさまの熱意とご努力に敬意を表し、ありがとうございました。

写真
エクステリア&ガーデンアカデミー
松井 信

アトリエグリーンズ代表
近畿大学理工学部建築学科環境デザイン卒業
建築パース事務所・エクステリア&ガーデン設計施工会社勤務の後、アトリエグリーンズ設立。ガーデン&エクステリア設計施工業務及び、専門学校・企業向けセミナー講師も務める。
グッドデザイン賞2016受賞/角地のオアシス 平成29年度エクステリア優秀技能者顕彰 設計・プランニング部門受賞

 敷地やお施主様の希望など成立背景が違うものを一様に審査するにあたり、人の暮らしや街並みをより良くしているデザインであり、楽しさや豊かさを感じられるもの、第一印象で心にどう響くかを考えながら審査させて頂きました。
 デザイン性の向上した商品が増える中で設計者がその商品の特性を読み解き選択しているか、敷地条件に対して適当なサイズ感であるか、細部にわたり丁寧にデザインされているかが得点の差となりました。上位に入賞されている作品は、商品を他の要素とうまく溶け込ませるバランス感覚とそこから生まれるストーリー性を感じられるものだったように思います。
 また、ルーフやフレームなど立体的な演出の作品が多い中、樹木のバランスと演出・足元の立体感や演出が、空間として引き締めと楽しさをより向上させるのではないかと思います。ガーデンファニチャーなど屋外アイテムをコーディネートした作品も増え、暮らしとの結びつきの可能性を感じました。

写真
株式会社ユニマットリック
粟井 琢美

三井ホーム株式会社
三井ホーム株式会社営業推進部営業設計グループエクステリア推進/JEG(住宅エクステリアガーデン研究会理事)/財団法人住宅生産振興財団まちなみ塾講師/一般社団法人 日本エクステリア設計協会理事/エクステリア企画設計及び講師/RHS海外ガーデンデザインコンペティションはじめ国内コンテスト受賞歴多数

今年度のコンテストにおいて、ファサード部門ではGフレームやルーフなど昨年以上にオリジナリティあるデザインをされており、商品技術と設計技量の成熟期にきたように思います。そういう意味では外(パブリック)と内(住宅)の中間領域にしっかりとエクステリアが溶け込んでおり、住宅のファサードを創りあげるといった、日本の街並み様式を構築し始めているように思いました。あわせて緑とライティングが上手に取り入れ一層暮らしの豊かさを表現に加えられていたことも印象的でした。自然浴エクステリア部門では、アタッチされた建築との一体感とそこから見える景色や借景、逆に見せないパーテーションなど住む人の心地よさをしっかりと捉えており、エクステリア設計者ならではの目線で設計されている作品が多かったと思います。その中でも趣味やワーキング的な空間として活用されている作品もあり、今までにない新しい空間領域を見る事が出来ました。そういう意味では今後『もの』としてのアルミ商品ではなく素材が淘汰されてしまうような“暮らしファースト”になる事が目指す次のステップとなるように感じます。是非来年もワンランクアップした作品、そして家族の幸せを届けられるような素晴らしい作品がエントリーされる事を期待いたします。

写真
株式会社 リクルート住まいカンパニー
福澤 佳恵

2003年株式会社リクルート(現株式会社リクルート住まいカンパニー)入社
2012年より『住まいの設備を選ぶ本』編集長、2013年より『SUUMOリフォーム』編集長、2016年より『SUUMO』副編集長を兼任。
テレビ・新聞・雑誌でのコメント、コラム執筆や講演活動も行う。
各リフォーム関連のコンテスト審査員、エクステリアコンテストの審査員などを歴任

 「外を中に取り込みたい」「庭を楽しみたい」。仕事柄、お施主様の家にお伺いする機会が多く、最近富にそのようなお声をよく聞くようになりました。中と外の融合が、エクステリアにより高いレベルで実現できること。そして見る者が「美しい」と感じる佇まいは絶妙なバランスの上に成り立つこと。そのこと改めて気づくことができた、そんなコンテストになりました。
 そのお宅の周辺環境はもちろんのこと、住まい手が何が見たいのか、誰とどんな時間を過ごしたいのかまで想いを馳せたであろう素晴らしい作品の数々。数年ぶりに審査員として参加させていただきましたが、レベルが年々上がっていることを感じ、中でも「和」「黒」など、コンセプトを中心に据えて一気通貫した作品は強く心に残りました。住まいが進化し続けることで、より多くの家族の笑顔を生み出していけるよう、私たちも尽力してまいりたいと気持ちを新たに致しました。受賞された皆様、本当におめでとうございました。